« May 2005 | Main | July 2005 »

June 28, 2005

あわてないあわてない一休み一休み

いや、首位陥落してしまいました…
杉内は間違いなく打ち崩せましたよ。ただ、味方の得点後にすぐ失点してしまう直行…
これによりリズムも悪くなってしまったのではないでしょうか。
相変わらず投打がかみ合いませんね。ノーアウト1塁3塁でチャンスを作っても犠牲フライの一点のみ…
でもまぁたらればいっても始まらないわけですし、ネガティブ思考するくらいならその分打倒ホークスにぶつけましょう!ということで…

まぁこんな時期もありますよ。交流戦終わってから変則日程でリズム崩してしまっただけ。
えっと、交流戦だってこんな時期あったじゃないですか。でも最後は単独優勝しましたよね?
なんか掲示板とかいろいろ見てたら弁当の呪いだの何だのいわれてますが、
そんなこと考えるパワーがあったらもっとマリーンズの応援に費やしてほしいものです。

大丈夫!今年のマリーンズは去年までのマリーンズじゃありません!
そりゃホークスは生え抜きも強力ではありますがSONマネーで20億円かけて補強しただけあって強いですよ。
普通に考えたら勝てる相手じゃないですが、でもこの球団と互角にやっていけているわけです。
自信を持ちましょう!
大丈夫!ホークスは中継ぎ使いすぎてるんで後半必ずバテが来ます!去年もそうでした。
大切なのは力まずにマリーンズの強い野球を一試合一試合やっていくこと。
そうすれば一位通過できますよ!

…って書いてますが内心はめっちゃ悔しいんですけどね・・・

| | Comments (1) | TrackBack (1)

June 26, 2005

嫌なムード・・・

うーん、マリーンズがとうとうホークスに追いつかれてしまいました…OTL
というか負け方が悪すぎます。ましてやオリックスにあのようなふがいない負け方…
さすがに頭にきて途中で出かけてしまいました…
(去年の合併の件があるのでどうしてもオリックスにやられるのは許せないのですよ…)

かたやホークスは今日も勝ち…
地力から考えたら当然の結果…なのかもしれませんが、20億円の大金を勝てなきゃ勝てないなんていうプロ野球界なんてごめんだし、そんなことをしなくても勝てるんだというところを見せたい…
今年のマリーンズはそういう野球ができています。

俊介の離脱、交流戦終わってから間が開いたなどの理由でリズムが少し狂ってしまったのかもしれませんが…
明日は絶対に勝って勢いを取り戻しましょう。
そして火曜日からの直接対決で突き放しましょう。

頼むぞソニック!!!

| | Comments (61) | TrackBack (0)

June 15, 2005

マリーンズの話&広島カープ・・・

まずはロッテの話…1-4で負けてしまいました。
藤井修悟がよかったといっても、チャンスはあっただけに悔しいですね。
(ってTVもラジオも中継が無いのが痛い。誰が巨人対楽天の試合をみたいと(以下略)
今日仮にマリーンズが負けてホークスが勝ったりすると、交流戦同率一位になっちゃう以前に2.5ゲーム差に追いつかれてしまいます。
いくら川島が熱狂的なマリーンズファンとはいえ、それと勝負は別。僅差での試合になるでしょうが、チャンスは確実にものにしてほしいですね。

いや、そんなことより心配なのは広島…OTL
楽天に負け越し、ダルビッシュにもやられ…ぼろぼろの状態。
ハムの状態も心配…ですが、それ以上の重症です。
ダルビッシュのピッチングがどうだったというのは知りませんが、マリーンズの2軍にKOされ、そのほかの試合でも結構打たれているし、明らかに一軍にあげるには早いんじゃないの?客集めの道具としてしか考えてないんじゃないの?としか思えない(でもハムの現状考えると仕方ないんでしょうがね)ピッチャーに完膚なきにやられました。そりゃダルビッシュの内容もよかったのかもしれませんが・・・
小山田もここのところぜんぜんだめですね・・・黒田の孤軍奮闘ですか・・・OTL

ラロッカが万全ならば…尾形佳の怪我が無ければ…石原が開幕離脱していなければ…高橋健の調子がよければ…このチームって本当にこんな感じですよね。
というか何でこんなに怪我人が多いのでしょうか…
広島は伝統的に練習がものすごく厳しいといううわさを聞きますが、それによりシーズンはじめから疲労しており、それが怪我につながる…という悪循環に陥っているようにしか見えないんですよね。
マリーンズが適度に選手休ませて、これだけの成績を上げている現状と比較してどうしてもそう思えちゃうんですよ・・・

一応セリーグでは広島ファンなので愚痴らせていただきました。


ってか、広島関係のブログいろいろ検索していたらとんでもないものが…
http://blog.livedoor.jp/barusa666/archives/25123450.html

●鯉人魂さんのブログの概要を転載させていただきます

有料サイトのコラムゆえ、全文を無断転載するのはどうかと思いますのでかいつまんで書きます。

1.この度復権したナベツネ氏は球界再編を諦めていない
2.パートナーはソフトバンクの孫オーナーか
3.選手会にもコンタクトを取っている模様
4.狙いは1リーグ東西2地区制
5.球団数は10
6.カープはオリックスに吸収合併され、瀬戸内一円をフランチャイズに

(転載ここまで)

二宮さんのコラム見たわけではないし、真偽はわかりませんが本当だったらマジで許せません…
絶対にとめないと…

(追記)
というわけで早速携帯に登録して読んでみました。
二宮さんが球界の関係者にいろいろ聞き、相手方もこうなのではないか、こういう可能性が高いという憶測での話のように見えました。ひょっとしたらあくまで憶測のガセネタなのかもしれません。というかそうであることを祈ります。

| | Comments (4) | TrackBack (9)

交流戦優勝!

いやぁ、まだ同率首位という可能性は残っていますが、交流戦首位は確定しました。
超きもちいい!
なんといったって、ロッテ球団の歴史としては31年ぶり、そしてマリーンズというチームとしては始めてプロ野球の歴史に不名誉ではない記録でタイトルに残るわけで。
ましてや交流戦初代王者という記録は一回だけしか狙えない記録なわけでして、その名前にマリーンズの名前を刻めたのは非常に誇りですね。

でも、まだ交流戦同一首位の可能性は残されています。また、今後のシーズンのためにソフトバンクとの差を縮められるわけには行きません。まだまだシーズンは続くのです。油断は禁物です。
ボビーも選手もそしてうちら26番目の選手たちも分かってるとはおもいますが。

♪王者はおごらず勝ち進む、千葉ロッテマリーンズ♪

…この歌詞ようやく現実のものになりましたね・・・いい加減王者になれよって何度おもったことか

| | Comments (2) | TrackBack (2)

June 11, 2005

他人事ではありません…

いや、勝ちましたね。マリーンズ。
正直山本昌の3回までの出来を見てたら勝てそうもなかったのですが、
4回にあれだけくづれるとは思いませんでした。初芝の貫禄のタイムリーで試合の流れは完全に傾いた気がします。やっぱりこの人が打つと盛り上がりますよね。
ヤマケンが1球で勝利投手になりましたが、1球で勝利投手といって思い出される人は、王子こと山崎貴弘。確かプロ入り初勝利が一球での勝利っていう珍記録。
http://www1.odn.ne.jp/haru/data-result/jpb-1kyu.html
この記録打ち立てる運のいい(?)人は当分現れないだろと思ってたら、そのちょっと後に西武(現巨人)の後藤光が同じ記録を達成しましたが…w
山崎って苗字の人はそういう星の元に生まれてるのでしょうか(違うだろ)
うーん、昨日は久しぶりに初芝のインタビューが見れるかとひそかに期待してたのですが、ベニーでしたね。


その話はおいといて…最大のライバル・ファイターズの話…
11連敗…何がどうなってこうなっちゃったんでしょう…
まぁ確かにミラバル離脱・金村も不調…こんな状態なんですが…あまりにもひどすぎます。
今日は6点先制し、しかも新庄がホームランを打ったということで、絶対勝つだろなと思って・・・ロッテ戦の合間に変えてみたら…

F6-6T・・・


…え???????


んでもって、ロッテ戦にチャンネル戻し、またCMの合間に変えてみたら…

F6-11T・・・

・・・・OTL・・・・・・


なんなんでしょうね・・・この悪循環・・・
もともとファイターズには投手の力不足を補う凶悪な打撃陣があるのですが…
ちょっとファイターズの試合を見ていないんでよく分かりませんが…
やっぱり中継ぎなんですかね…そうなんでしょうね。
そういや去年のうちも10連敗ありましたね・・・
打線と投手がかみ合わない、リードしてても中継ぎ陣(川井・ヤマケン・長崎・田中充…その他もろもろ)が試合を崩しまくりという状態…なんかそのときの状況と同じような感じなのでしょうか?

去年は熾烈なプレイオフ争いを演じた相手ですが、今年は両チームのゲーム差はものすごく離れているんでマリーンズとファイターズ間ではよほどのことがない限り去年と同じことにはならないでしょう。
でも、去年悔しい思いをしただけに、プレーオフにはファイターズにあがってきて欲しいと思っています。
そして、プレーオフでマリンでファイターズをやっつけて去年の悔しさを晴らしたいと思っております。

今まで一番どうでもいいカードと言われていたマリーンズとファイターズが盛り上がってこそパリーグがより盛り上がるのだと思っています。

…ファイターズファンにとってみれば偽善者とか、そりゃロッテはいいよなとか思うのかもしれませんが、ファイターズには頑張って欲しいのですよ…

| | Comments (0) | TrackBack (3)

June 09, 2005

負けられない戦いがそこにある…

W杯出場おめでとうございます。
…といいますが、何か喜べません。

いや、ジーコの采配が今までどうだったとかそういうことではありません。
なんだかんだいってもW杯出場を手にしたんだから、讃えないわけないじゃないですか。

じゃあなに?というと、裏番組のマリーンズ戦中継…
いやぁ、マリーンズの試合見て気分悪くなったのはダイエーに21-0で負た試合以来ですかね。
9回の表、先頭打者をだし、無死1塁の場面で矢野が送りバント。キャッチャーの目の前に転がったボールを取りに行きゲッツーになるかという場面でしたが、ここで矢野と里崎が交錯。守備妨害とならず、ボビーの猛抗議となりましたが、結局インプレーに…まぁそりゃ、主審がそう判断したものは覆らないでしょうが、なにが不愉快だったかって、審判の観客への説明。「バレンタイン監督から何か抗議がありましたが成り行きで試合を続行します」…
何かってなんですか!?
ボビーの抗議に対して「ああ、こいつなんか言ってるよ…」位しか思ってないんでしょうね。呆れました。

何で「自分はルールブックのこういう項目から、こう判断し、守備妨害ではないと判断しましたのでノーアウト1,2塁で試合を続行します」ってことが言えないんでしょうか???
お客さんに対して失礼にもほどがあります。マリーンズファンはもちろん巨人ファンに対しても失礼です!!!

それと、12チャンの某ゲスト…N島K茂…
あなた、ボビーが抗議してる姿見て散々批判していましたよね。
「せっかくのいい試合が台無し」だのなんなの・・・
一番頭にきたのは、「こんな真相、明日の新聞とかHPに公開するなどで見ればいいじゃないですか」っていう発言…
はぁ??お客さん無視ですか??

貯金25あるんだっていう人もいるでしょうが、マリーンズは去年1勝の重みを痛いほど思い知らされました。
しかも、マリーンズの後ろには巨人より何十倍も強いソフトバンクがぴったりくっつけてきています。
負けていい試合なんて一試合もないんですよ。
まさに日本代表の試合でのキャッチフレーズ「負けられない戦いがそこにある」…なんですよ・

いや、今日という今日は本当に頭にきました。
マリーンズの選手たち、明日は絶対に絶対にリベンジしてください!!

| | Comments (2) | TrackBack (4)

June 08, 2005

ナベツネ復帰…

球界の盟主・栄光の読売巨人軍元オーナー様ことナベツネが復帰されたそうです。

…夢ですか?・・・

…いや現実です…悪夢です.…
…えっと、これから毒吐きまくりますのでいやな人は見ないでください…


…マジふざけんな!!!どの面下げて帰ってきとんじゃ!!
えっとたしかあなた一場への金銭授受が問題になってその責任を取って辞職なんじゃなかったですっけ?
責任を取ったという名の逃亡なんですけどね。
この人がいなければ合併なんてことは起こらなかったのかもしれない。
この人がいたら楽天という新球団は生まれずロッテとダイエーの合併話が現実になったかもしれない。

まぁ今までも退陣しときながらいろいろ口出してたんで同じなのかもしれませんが…
いや、なんなんでしょうね。罪の意識ってないんでしょうか。あるわけないですよね。

おい!世の中の自分が中心な野郎ども!今日はお前に言いたいことがある。よーく聞け…
ひとーつ!巨人が低迷してると野球人気低下につながる。だから復帰して球界改革を推進するとかいってるナベ●ネ!
球界改革を推進する?はぁ?
巨人は確かに人気低下したかもしれないけどな、ほかの球団はいろいろがんばって好転してるんだ。
昔の栄光にすがってるだけでファンがついていくわけがないだろ…
また球界を腐らせる気かよ、このヤロー!!!

交流戦の効果もあるかもしれませんがほかの球団は多分去年より儲かってるでしょう。
チーム状態の結果なのかもしれませんが巨人戦よりも間違いなく阪神戦の方が客はいってましたし…
もう巨人が主導のプロ野球っていうのは時代遅れじゃないんですかね…
そりゃ長嶋さんや王っていうのはすごい選手だったんだろうし、V9っていうのは立派な記録でしょうが、ずっと昔の話ですよね…

大体病気が治って間もない長嶋さんを呼ぶなんてことを言っておりますが、はっきりいって客集めの道具として扱っているとしか思えません。
個人的に長嶋さんは好きな人ですし病気が治ったのは素直にうれしいですが、だからこそそっとしておいたら?っておもうんですよね。

うーん、めちゃめちゃ話がそれまくってますが、ナベツネの復帰は納得いきません。

| | Comments (60) | TrackBack (1)

« May 2005 | Main | July 2005 »