September 23, 2005

電車男

まぁ見ている人も見ていない人もいるでしょうが…
「いよいよクライマックスですね。今週最終回だと思い込んでたら来週がそうだったようで、どうなるか楽しみです。
でも多分エルメスと仲直りして告白するっていうストーリーなので多分今回ほどは泣けないんじゃないかと…」
って先週エントリーしようとしたのですが、最終回もそれなりに泣けました。
とはいってもやっぱり個人的に一番良かったのは先週ですね。

エルメスに振られた電車男…掲示板にも繋げなくなったのですが、
でも告白していないまま終わるのは納得いかないとネットのみんなが立ち上がり、電車男掲示板に戻ってくれ運動をいろいろ展開するんですよね。秋葉原の町に電車男戻ってきてっていうポスターとか、路上ライブとか・・・さらには石丸電気の●●セールとか書くはずのでっかいのぼり(?)に電車男戻って来いって書いてあるだの…
ゴルフ中継でギャラリーの中から電車男戻って来いって警備員に捕まりながらも叫んでいたり…
相変わらずありえない展開ですが、それなのになんで泣けるんだろ…すっごい馬鹿馬鹿しいのにってなんだか不思議なドラマでしたね。
うちの親はわけわからないので面白くないって言っていましたが確かにネットを使用してない人にとってわけわからない用語が多すぎます。キターーーはまだともかく「のし」って何だ?って俺も知りませんでした。
メッセンジャー友達に聞いて初めてのし→ノシ よく見ると手を振っているっていう意味だってことを知りました。

まぁでも2chから出てきたストーリーなので仕方ないんですが。
2chという世界は個人的に生理的にどうしても受け付けられない世界なのですが、陰で誹謗中傷しかしていないという世界と思いこんでいたのは自分の偏見だったことがわかりました。
普段気持ち悪いとしか思わない大画面でのアスキーアート…(ちっちゃい動物一匹とかだけはかまわないのですが)小栗旬が電車男に毎回激励の意味をこめて送るアスキーアートには感動させられました。

まぁそんなドラマでしたが、視聴率はダントツのトップだそうで…
こんなありえない(電車男が実話だったか否かは別として)ドラマがなんでこんなに受け入れられたか…
多分キムタクとか妻夫木とか…かっこいいんだからもてるに決まってるじゃないか!!っていうような主人公ではなくて、アニメオタクで何をやってもだめなやつ、妹にも小さい女の子にも馬鹿にされているような主人公がひとつのきっかけで変わっていくっていうのがいろんな人に共感を受けたんじゃないかなと思います。
俺もすごい共感を受けましたね…だって、主人公@チビノリダー演じる山田って、俺が会社の寮に入っていたとき同部屋だった後輩にそっくりなんですもん…アニメ&ゲーム好きで仕事で失敗しては泣いてて…話し方についてもそっくり…身近にそういう人がいたからこそ余計になんかがんばれって応援したくなりました。
というか自分自身についても生まれてからこれまで恋愛ってものをしたことがないわけで…運命の女性に出会えてないというのもあるのかもしれないのですが、結局は自分自身に自信がない。だから恋愛することに臆病になっているって言うのがすべてなんじゃないかなって思いますね。
多分ほかの人にとってもコンプレックスとかいろんなバックグラウンドストーリーをなんらか持っているん邪内科と思います。そりゃ順風満帆な人生な人もいると思いますが、そんなのはごく一部でしょう。
だからこそ、途中はちゃめちゃな展開になろうが、いろんな人に受け入れられたんじゃないかなって思います。


そういや、書店で見かけたのですが、電車男のほかに同じような2番煎じをねらったように取れる痴漢男なる本があったのですが、あれははやるんですかね?

| | Comments (7) | TrackBack (2)